ペインクリニック練馬外来治療例

坐骨神経痛で所沢市からクリニックに通院し慢性化予防!

更新日:

所沢市に住む68歳の男性が坐骨神経痛の診断でペインクリニックで注射の治療を受けたそうです。坐骨神経痛が慢性化しないように痛みが治った後のアフターケアとしてのリハビリテーションが重要です。

所沢市から坐骨神経痛で通院

坐骨神経痛はどのような原因で発症するのでしょうか。
所沢市から通院したペインクリニックでは坐骨神経痛にどのような治療を行うのでしょうか。
内装業の会社の社長をしていて、腰に負担のかかる作業も多くあります。
昔は従業員10人の工事請負の会社でしたが、今は従業員1人と自分の2人で所沢市に会社をやっています。
若いころから仕事で重いものを運ぶので腰に負担がかかっていました。

坐位で足に響く痛みで所沢市の病院を受診

車の運転も多く長時間座った姿勢でいると右足に電気が走るような痛みが出るようになりました。
市販のロキソニンを飲んでも痛みが治まらないため、所沢市の病院を受診しました。

所沢市の病院で坐骨神経痛の診断をうける

所沢市の整形外科の診断名は坐骨神経痛でした。坐骨神経痛は太ももから足までビリビリと痛くなる症状です。私の場合は痛みだけでなく、シビレもあります。足が原因で起きているのかと思いましたが、腰が原因で起きるのですね。腰は全然痛くないのに不思議です。腰の中に脊髄神経が通っていて、その通り道が狭くなって足に行く神経を刺激するので足が痛くなるとの説明でした。

所沢市から通える西東京ペインクリニックで治療

はじめは薬とリハビリで様子をみることにしました。西東京ペインクリニックでは注射の説明も受けたのですが、仕事もあるので毎週通院するのは出来ないからです。2週間、薬を飲んでリハビリをしましたが、腰をかばって仕事をするのは本当にきつく、半日休みを取って通院治療をする決断をしました。そこから週1回注射の治療に通いました。はじめの3回くらいは、注射後3日間程は本当に楽になるのですが、その後にまた痛みが戻ってくる状態でした。4回目くらいから注射を打つごとに症状が半減し、6回目に来た時にはほとんど痛みが消えていて驚きました。

坐骨神経痛には予防が重要

今では仕事が普通にできるまで痛みは改善しましたが、また同じような痛みが出たら今度は仕事が出来なくなるのではないかと日々恐々としています。仕事に限らず、好きなことを続けてやるためにも、日ごろからの足腰の維持強化の予防が大切だと痛感しました。

  • 2019年12月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

医師としての坐骨神経痛に対する意見

痛みが出てから治療するのでは、仕事を半日休んで通院が必要になったり、なかなか治らないことが多く、痛みの慢性化につながる可能性が高くなります。痛みが治った後のアフターケアとしてのリハビリテーションが重要です。

お気軽にご相談ください。

診療時間:9:00~18:00(初診の受付は17:30まで)
休診日:水曜日

-ペインクリニック練馬外来治療例
-

Copyright© ペインクリニック練馬外来 , 2020 All Rights Reserved.