帯状疱疹治療例

所沢市 帯状疱疹に神経ブロック注射、予防接種が重要!

投稿日:

所沢市に住む54歳の女性が帯状疱疹にかかり、腰に強い痛みが発症しました。

新座市・帯状疱疹

この方は帯状疱疹の神経痛に対しどのような治療を受けたのでしょうか。
治療を受けたあと、帯状疱疹の神経痛は良くなったのでしょうか。

帯状疱疹と所沢市のペインクリニックでの治療

所沢市に住む54歳女性で、腰から足にできた帯状疱疹でとてもつらい思いをしたのを思い出します。最初は腰に湿疹ができて旦那に所沢市の皮膚科に連れて行ってもらいました。所沢市の皮膚科ではこれはただの湿疹ではなく帯状疱疹と診断されました。所沢市のペインクリニックに紹介状を書いてもらいました。そこで神経ブロック注射を行い、帯状疱疹の症状はだんだん落ち着いてきました。私の場合は早期に帯状疱疹とわかって、ペインクリニックを受診したので帯状疱疹の後の神経痛はひどくならずに済みました。

所沢市のペインクリニックで帯状疱疹の予防接種

私はすでに帯状疱疹になってしまいましたが、今思うと帯状疱疹の予防接種を行っていれば良かったと思いました。私の友達は所沢市の病院で帯状疱疹のワクチンをすすめられて行っていたそうです。

帯状疱疹のワクチンは50歳から受けられるので私の周りの友人達は50歳になると同時に帯状疱疹の予防接種ワクチンを行っていました。

幼い時に水ぼうそうにかかったことがある人は水痘・帯状疱疹ウィルスの免疫を獲得しているので、「私はもう帯状疱疹にはならない」と安心する方も多いと思いますが、年齢とともに幼い時に獲得した免疫は弱くなっていくそうです。50歳になってからまた、帯状疱疹のワクチンをいつも通っている所沢市の病院でうけて、帯状疱疹に対する免疫を再び強化して、予防することが大切になって来るそうです。帯状疱疹の予防接種をしたら絶対に帯状疱疹にならないわけではありません。帯状疱疹の予防接種をすると帯状疱疹が発症する確率が減りますし、たとえ発症しても症状が軽くすむそうです。

所沢市で広める帯状疱疹の予防接種

帯状疱疹は免疫が低下した高齢者に発症する可能性が高いそうです。私は今回の帯状疱疹を罹患した経験を生かして、50歳を越えた友達には帯状疱疹の予防接種をすることをすすめています。帯状疱疹は予防接種は一回うけるとその後3年から10年は予防効果があるようです。帯状疱疹のような異常を感じたらペインクリニックをすぐに受診することが大切だなと思っています。

  • 2019年7月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

現場の医師としての帯状疱疹神経ブロック注射(まとめ)

お気軽にご相談ください。

診療時間:9:00~18:00(初診の受付は17:30まで)
休診日:火曜・水曜日

-帯状疱疹治療例
-

Copyright© ペインクリニック練馬外来 , 2020 All Rights Reserved.