ペインクリニック練馬外来治療例

石神井公園 神経ブロック注射で腰痛を治療!

更新日:

石神井公園に住む65歳男性、慢性腰痛で神経ブロック注射

私は石神井公園に住む65歳男性です。今年4月で長年勤務していた石神井公園にある職場を退職しました。勤務は主にデスクワークで残業も含めると1日10時間ほど座りぱなしのこともあり、日増しに腰の痛みが強くなっていました。勤務していた時は仕事優先で家庭を顧みない生活を送っていました。妻には家のことから子育てまですべて押し付けていました。退職してからは妻と石神井公園の中のマラソンコースを2人で毎朝、マラソンをすることが日課になっています。今後、国内のマラソン大会やホノルルマラソンに妻と2人で参加することが目標です。

石神井公園のペインクリニックで神経ブロック注射の治療が始まりました!

ある日の朝、いつものように石神井公園のマラソンコースでマラソンをしているといつもと違う違和感を感じました。太ももの付け根に痺れを感じ呼吸ができないくらいの腰の痛みがありびっくりしました。妻に連れて行かれ石神井公園のペインクリニックを受診することにしました。レントゲンを撮りましたが関節異常は認められず、医師には神経ブロック注射の治療を促されました。神経ブロック注射はただ痛みをとるのではなく、血流を改善し痛みを断ち切り痛みの根本を治療していくそうです。今まで痛くても我慢していたため腰痛が慢性化してしまったそうです。医師からは最初のうちは痛みが強いので週に2回の神経ブロック注射で様子をみて徐々に神経ブロック注射の回数を減らし、その後は様子を見ながらリハビリをするとの説明がありました。石神井公園のペインクリニックでの神経根ブロック注射の治療が始まりました。痛みがある時は精神的にもイライラし機嫌が悪く妻にあたり散らしていました。痛みのストレスは自分が思っている以上に負担が大きく家族にも嫌な思いをさせたと今は反省しています。

石神井公園のペインクリニック受診後、神経ブロック注射の治療で腰痛が改善!

石神井公園のペインクリニックを受診してから2ヶ月余りが経ち、神経ブロック注射とリハビリを励み、今では足のしびれや腰痛に悩まされることもなくなり日常の生活に支障がなくなるまでになりました。慢性腰痛の予防では体重の増加やストレッチ、普段からの姿勢を気を付けることを助言されました。今まで仕事の帰りが遅くなると10時過ぎに食べていたり運動をする機会も少なかった気がします。石神井公園のクリニックでは神経ブロック注射の他にも生活習慣相談を実施しているそうで、妻の勧めもあり受けてみることにしました。今では妻と2人で石神井公園のマラソンも再開し体も心も健康になりました。痛みを我慢せず石神井公園のペインクリニックを受診し神経ブロック注射の治療をして良かったと思っています。そして、石神井公園のペインクリニックまでいつも車で送り迎えをしてくれた妻に心から感謝しています。慢性化させる前に早めに治療を行うのが大事だなと思いました。

現場の医師として神経ブロック注射

神経ブロック注射は痛みが一時的に収まるための注射と誤解されがちですが、神経ブロック注射をすることにより根本の痛みを遮断します。腰痛は普段からの予防が重要です。体重の管理や体操などが効果的です。石神井公園に住む65歳の男性は神経ブロック注射後、腰痛予防のため生活習慣も意識することができました。ご本人の努力もありますが、ご家族の支えが早期改善に繫がったと思います。早めの受診をお勧めします。
  • 2019年12月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

お気軽にご相談ください。

診療時間:9:00~18:00(初診の受付は17:30まで)
休診日:水曜日

-ペインクリニック練馬外来治療例
-

Copyright© ペインクリニック練馬外来 , 2020 All Rights Reserved.