ペインクリニックについて

ペインクリニック治療方法

投稿日:

これまでの医療が患者さんの症状を総合的に鑑みて「心臓、肺、胃」等の痛みを臓器別に診療していたことに対し、ペインクリニックは患者さんの痛みを手術することなく取り除くことを専門治療する内科です。

ペインクリニックは、主に神経ブロックを用いて痛みの診断と治療を行います。

また神経ブロックへの補助療法として「薬物療法・レーザ等の電気刺激療法」あるいは理学療法や心理療法なども併用することで効果的な痛みの専門治療を行います。

ペインクリニック治療法

一部の患者さんや、もしくは貴方も経験がおありかもしれません。

医療機関の主治医から「もう病気は治っています、治療は終了しました。」と、告げられけど「まだ痛みを感じる」「痛みの度合いが変わらない」「時々、強い痛みに襲われる」といった経験を話される患者さんもおられます。

痛いという主張を主治医に伝えても「もう治療するところはありません、気のせいでしょう」と、言われたという話も聞きます。

痛みの専門治療
また医療機関を受診して精密検査をしたど「痛みの原因が不明」で治療のしようがないと言われている患者さんもおります。

患者さんとしてみれば、「痛みの改善や痛みの原因」を改善するために受診したわけですから納得できる話ではないと思います。

そのような患者さんの為に、ペイン(痛み)クリニックという「痛みの治療」専門の医療分野が存在します。

一時的に起こる痛みの治療や改善も個人にとっては大問題ですが、慢性疼痛の患者さんは同様の痛みを日々ずっと抱えています。

慢性疼痛の患者さんの中には「強い痛みで家の中を移動するだけも辛い」と仰る方が多々いらっしゃいます。

そのような痛みに苦しむ方々が、家族の方やヘルパーさんに付き添われてペインクリニックを受診し、何度か神経ブロイック治療を重ねるうちに「家の中を歩けるようになった」「一人でトイレに行けるようになりました」、はたまた「旅行に行って来ました」等の嬉しい知らせを聞くことは、ペインクリニッックを専門としている医師であれば幾度も経験があります。

必ず全ての痛みを改善除去できるわけではありませんが、いま人体に生じる有形無形の「痛み」でお悩みの方は是非とも練馬外来・西東京ペインクリニックでのご相談受診をお勧めいたします。

ペインクリニック外来で最も多い疾患部位が腰下肢痛です。

腰下肢痛となる原因には椎間板ヘルニアや圧迫骨折、脊柱管狭窄症等の3つがあげられます。

主な腰下肢痛

  • 椎間板ヘルニア
  • 圧迫骨折
  • 脊柱管狭窄症
  • 四肢血行障害(バージャー病)
  • 急性動脈閉塞症
  • レイノー病

ペインクリニック ヘルニア

閉塞性動脈硬化症などの治療にはは交感神経ブロックが適応となります。

また手術後や外傷直後に引き起こされる「カウザルギー」もペインクリニック治療の代表的な疾患となります。

カウザルギーとは

カウザルギーとは神経障害性疼痛のひとつ。現在では複合性局所疼痛症候群(CRPS)と定義されている。ギリシャ語の「熱」を意味する「kausos」と「痛み」を示す「algos」から作られた造語である。

血液検査やX線写真、MRIなどでは異常がみられないが、外傷により神経が損傷された後に灼熱感を伴う痛み、アロディニア、痛覚過敏などがみられる症状。

出典:Wikipediaカウザルキー

医師に要手術と判断された場合でも、術前の神経ブロック療法が有効的かつ効果的な治療法となり得ます。

お気軽にご相談ください。

診療時間:9:00~18:00(初診の受付は17:30まで)
休診日:火曜・水曜日

-ペインクリニックについて

Copyright© ペインクリニック練馬外来 , 2020 All Rights Reserved.