ペインクリニック練馬外来治療例

新座市 坐骨神経痛の治療を開始しました!

投稿日:

新座市にすむ保育士の女性は仕事の度に坐骨神経痛になやまされていましたが、近くのペインクリニックで治療を開始することよって、子供たちに充実した保育を提供することができています。

坐骨神経痛で悩む女性

新座市の女性はどのように坐骨神経痛を治療したのでしょうか。
新座市の女性はどのように坐骨神経痛と向き合っていたのでしょうか。

新座市 坐骨神経痛と仕事

新座市に住む女性は保育士として働いています。保育士は0歳から6歳のまでの乳幼児を保育を行います。0歳から6歳にかけての時期は人間形成にとってとても重要な時期になるそうです。その時期に親御さんが仕事に言っている間の多くの時間を共に過ごします。子供にとって保育士は子供から信頼される存在でなければなりません。その為に子供と話すときは子供と目線を合わす為にしゃがんで話すようにしています。そのときに殿部から下肢にかけて痛みが走ります。子供たちと真剣に向き合う為の行為が私にはとても辛く感じてしまうようになってしまいました。また仕事が終わって帰宅すると子供が待っています。昼間は私の両親が面倒を見てくれていますが、帰ってきた瞬間に私に泣きついてきます。そのときに腰の痛みがさらに強くなります。

新座市 坐骨神経痛の治療を開始

仕事と家庭でおこる腰の痛みをなんとかしたい為に知人に紹介してもらったペインクリニックを受診することにしました。ペインクリニックは私のような坐骨神経痛で悩まされている患者さんが多く受診する診療科目です。新座市の私の知人は新座市で評判の良いペインクリニックを紹介してくれました。新座市のペインクリックの医師の診察を受けると坐骨神経痛であると言われました。私の坐骨神経痛は殿部から足にかけての痛みが強く出ています。新座市の医師は坐骨神経痛に対して神経ブロック注射を行うことになりました。

新座市 坐骨神経痛の治療に神経ブロック注射を行なって

新座市のペインクリニックで坐骨神経痛の治療を行なってだんだんと仕事中、家庭で子供を抱っこしたときに痛みが良くなってきました。神経ブロック注射に合わせてリハビリを行うことが大切ですよと新座市の先生が言っていました。新座市のペインクリニックで神経ブロック注射に合わせてリハビリをはじめました。リハビリは新座市の療法士の方が日常生活に合わせて運動を教えてくれます。新座市の理学療法士は坐骨神経痛に対する運動を教えてくれました。その運動を仕事の合間や家事の合間に行うことによって、坐骨神経痛の症状が軽くなります。

新座市 坐骨神経痛の治療を受けて

今では坐骨神経痛で痛みがほとんどありません。仕事では子供達のあずかることにやり甲斐を感じるています。また家に帰ると旦那さんと子供が笑顔で待っています。休みの日には3人で公園に穏やかな時間を過ごしています。

  • 2019年12月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

現場の医師としての坐骨神経痛治療

坐骨神経痛には神経ブロック注射を行い、痛みの悪循環を断ち切り、リハビリで行うことが大切です。

お気軽にご相談ください。

診療時間:9:00~18:00(初診の受付は17:30まで)
休診日:火曜・水曜日

-ペインクリニック練馬外来治療例
-

Copyright© ペインクリニック練馬外来 , 2020 All Rights Reserved.