ペインクリニック練馬外来治療例

練馬区の女性、坐骨神経痛が注射とリハビリで良くなりました!

投稿日:

練馬区に住む女性が坐骨神経痛の殿部から脚にかけての痛みで悩まされていましたが、練馬区のペインクリニックを受診し、注射をすることによって坐骨神経痛から解放されリハビリをすることで再発予防もできたそうです。

練馬区の女性・坐骨神経痛

練馬区に住む女性はどのように坐骨神経痛を治療したのでしょうか。
練馬区に住む女性は坐骨神経痛の治療後はどのように過ごしているのでしょうか。

坐骨神経痛で悩んでいる練馬区に住む女性

練馬区に住む女性は長年、区役所の窓口で働いています。練馬区の女性の窓口での仕事は電話対応であったり、窓口に訪れた方の対応です。電話対応が多くなる日はお昼の時間以外座っていることが多いです。仕事をしている時の立ち上がりの坐骨神経痛、長時間座っているとだんだんと強くなる坐骨神経痛がありました。長年仕事を行なっていると、我慢ができないほどの坐骨神経痛が出てくることもあります。病院に行こうと前から思っていたのですが、私が仕事を休むともう一人の方に迷惑がかかってしまうと思ったので、なかなか病院に行けずにいました。ある日仕事中に立とうとした瞬間に坐骨神経痛が走って立てなくなってしまいました。もう一人の方にも事情を話して、仕事を任せ病院に行くことにしました。

坐骨神経痛で練馬区のクリニックを受診しました

その後すぐに近くのペインクリニックの診察の予約をとり受診しました。坐骨神経痛が専門である先生によると私のこの殿部から脚にかけての痛みは坐骨神経痛であると診断されました。

坐骨神経痛とは様々な原因によって殿部から出ている神経が圧迫や牽引によって、痛みが出るようです。

坐骨神経痛の治療では神経ブロック注射を行いました。その後、仕事を休んで坐骨神経痛の治療でペインクリックに通いました。坐骨神経痛の注射を回数を重ねて行くと症状がだんだんと緩和していき、職場に復帰しました。職場の方にも復帰を喜ばれました。坐骨神経痛の専門の先生にはもっと悪くなる前に来院すればよかったねと言われました。今後は予防に務めたいとも思いました。

練馬区のクリニックでの坐骨神経痛リハビリ

練馬区の坐骨神経痛が専門の先生からは早めの対処が必要とも言われたし、自分でもこれからは予防をしっかりと行おうと思いました。練馬区の坐骨神経痛専門の先生から痛みが落ち着いてきたら、リハビリを行うことをすすめられました。リハビリを実際に行なってみると首肩の症状が良くなってきました。リハビリの先生に教わったことを行なっていると姿勢が戻ってきます。これからも練馬区の先生に教わったことを続けていきます。

  • 2019年12月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

現場の医師としての坐骨神経痛治療

坐骨神経痛には硬膜外ブロックと神経根ブロックが有効です。神経ブロック注射で痛みを取り除き、その後に腰の筋力強化や柔軟性を維持していくことで再発予防することも重要です。

お気軽にご相談ください。

診療時間:9:00~18:00(初診の受付は17:30まで)
休診日:火曜・水曜日

-ペインクリニック練馬外来治療例
-

Copyright© ペインクリニック練馬外来 , 2020 All Rights Reserved.