ペインクリニック練馬外来治療例

富士見台駅 腰痛を神経ブロック注射の治療!

更新日:

富士見台駅に住む57歳男性、慢性腰痛で神経ブロック注射

私は富士見台駅の商店街で30年ほど飲食店を営む57歳男性です。朝の仕込みから閉店まで1日中、腰をまげたり立ちっぱなしで働いています。昔から腰痛持ちで痛くてもお店があるので我慢していました。日増しに痛みがありましたが市販の湿布を貼って痛みに耐えて仕事をしていました。

富士見台駅飲食店経営57歳男性が慢性腰痛で富士見台駅のペインクリニックに受診

ある日、食材の買い出しで富士見台駅のスーパーに行きお米10キロを持とうとすると腰にいつもと違う違和感を感じた後、激痛が走り動けなくなってしまいました。暫く、その場でしゃがみ込んでいると痛みは和らぎました。その日はお店に戻り仕事を継続しました。お店に来たお客さんにスーパーであった出来事を話すとペインクリニックに受診した方が良いと言われ、富士見台駅にあるペインクリニックを紹介されました。私はペインクリニックがどのような診療科なのか解りませんでした。ネットで富士見台駅のペインクリニックを検索すると、痛みのクリニックで神経ブロック注射などを実施していると書かれていました。不安な気持ちもありましたが、後日、お店の定休日に富士見台駅のペインクリニックを受診しました。

富士見台駅のペインクリニックで神経ブロック注射

富士見台駅のペインクリニックを受診し、レントゲンや採血をしました。医師の診断は慢性腰痛でした。長い間、痛みを放置していたのでかなり重症化してしまいました。医師の説明では最初は週2で神経ブロック注射をやって薬を処方すると言われました。仕事の合間で富士見台駅のペインクリニックに通院し神経ブロック注射の治療が始まりました。慢性の腰痛とは筋肉による痛みと神経障害性疼痛、または心理的、社会的要因など複雑なものがあるそうです。慢性的な腰痛の場合、原因が特定できないことがあるそうです。予防策としては適度な運動で筋力をつけることや体重を増加させないなどの予防策があるそうです。神経ブロック注射をして改善方向に向かったらリハビリましましょうと言われました。神経ブロック注射の知識が全くなかったので心配ではありましが、医師が分かりやすく説明してくれました。神経ブロック注射は主に局所麻酔を使用するそうです。神経ブロック注射は単に痛みを止めるのではなく血流を改善し痛みの炎症を取り除き痛みの根本を断ち切ります。神経ブロック注射を繰り返し行うことでより改善されるとの説明がありました。神経ブロック注射をして思ったより痛くなかったです。

富士見台駅のペインクリニックで神経ブロック注射をして改善

富士見台駅のペインクリニックでの神経ブロック注射の治療を始めてから3カ月余りがたちました。富士見台駅のペインクリニックに通院してる間はアルバイトの子に店を任して私は仕事の合間で予約を入れて通院しました。突然の激しい痛みやしびれなどは前よりもだいぶ改善しました。日常的にも自宅から富士見台駅の店まで20分ほど歩くようにしました。ちなみに1日の有酸素運動の目安は20分くらいがベストとネットで見たことがありました。体重が少し肥満傾向だったことも医師から指摘を受けました。仕事の後の賄いも炭水化物を控えるようにしました。富士見台駅のペインクリニックに受診して慢性的な腰痛だけではなく生活習慣の意識も変わったような気がします。神経ブロック注射後はリハビリも頑張って通うようにしました。

  • 2019年12月吉日 患者会員さま懇親会でのインタビューより。

現場の医師として神経ブロック注射

富士見台駅に住む57歳の男性は仕事で常に同じ姿勢でいることから慢性的な痛みを放置したことにより重症化してしまいました。その後、神経ブロック注射をしたことにより血流の流れを改善し痛みを根本から取り除くことができました。当院で神経ブロック注射をしたことにより本人の生活習慣の意識も変わりました。痛みを我慢せず早めの治療をおススメします。

お気軽にご相談ください。

診療時間:9:00~18:00(初診の受付は17:30まで)
休診日:水曜日

-ペインクリニック練馬外来治療例
-

Copyright© ペインクリニック練馬外来 , 2020 All Rights Reserved.